お気に入りに仲間入り

いくつかの拘りがポイント高し。

f0151327_11164269.jpg


これは、カバンをしまうときの保護袋といっていいのでしょうか?

f0151327_11165932.jpg


この袋にまでちょこっと革使いをされたところに、作り手さんの拘りを感じます。

主役の中身はこちらのバッグ
やや男前風なバッグです。

f0151327_11171570.jpg


デッドストックのフランス軍のテント生地。
牛ヌメ革に留め金などは真鍮や鉄など。
結構たくさん入る大きさです。
デジイチを持ち歩くようになってからは、こういうちょっと大きめのものが便利。
ポケットがたくさんあるのも嬉しい。
内外あわせると、ポケットはなんと8個も。
鞄の中がすぐにごちゃごちゃになる私には、うってつけです。

f0151327_11172943.jpg


ショルダーベルトの長さ調整も自由自在。
長さで表情が変わります。
ベルトを短くした時に、ベルトが収まるようになっていて
ペロ〜ンとはねないように工夫されています。

そして、さらに嬉しいことは、裏地のストライプがリネンなのです。
このグリーンの色が男前バッグに柔らかな風合いをプラス。
お店の方のお話によると、作家さんは、かなりの布フェチだそうです。
「納得!!」

f0151327_1117439.jpg


こんな細工があるところもすごく気に入りました。

f0151327_11175737.jpg



小さな刺繍が見えますでしょうか?
なんの刺繍かしら?って思ってました。

これはキリム。
キリムとは、平織りをあらわすことでトルコやイランの遊牧民が使用する絨毯のことだそうです。

そこで使われるモチーフが刺繍されていました。
私のカバンには、鳥(幸福と愛)のモチーフ。
この意味は帰ってから気付いたことです。

私が、吸い込まれるようにこの鞄を見ていたみたいです。
一緒いた相棒さんが突然プレゼントしてくれました(驚+感謝)

きっと相棒さんには、このように↓に見えていたのでしょう。
私の分身が鞄の周りで。。。。こんな風に・・・
聞いてみると、「うん。見えた」ということでした(笑)

f0151327_11181521.jpg


使うほどに革もいい風合いになりそうです。
しっかり使い込みます。
[PR]
by nao-lee | 2010-06-22 11:26 | zakka/mono/utuwa
<< 切り紙の時間 3 霧の中 >>