アンティークなリネン

使い込まれたものたちを見ながら思うこと

f0151327_13274135.jpg


ピカピカなものじゃなく、使い込まれたもの。
長きにわたってできあがる風合いは、まっさらなものには真似できない。

お気に入りのものや大切に使われてきたものは、時を越えても愛される。
そこから感じられる懐かしさには優しさや愛情がいっぱい詰まっていて、素朴な温もりは、使うとわかってくる。

使い込まれたリネン。
そこに刺繍された糸も色あせちゃったけど、ちょこんと残っている様がかわいい。

雰囲気よく朽ちて錆びついた鉄。
その錆びは、長い年月をかけてできた味わい。
味わいにも好みがあるけれど、出先でいい味わいの錆びをみかけると立ち止まってしまう。

古いけれどいいもの。
いいものは、時代を超えても引き継がれていくのでしょう。

時おり思うことがあります。
アンティークなものにであった時、どんな生活をしてきたのかなぁ〜って。
ふと触れて、しばし空想にふけるのです。
アンティークなものに憧れますが、我が家には、アンティークなものはほとんどありません・・・

大切に使っていきたいと思うものはありますので、味がでるまで使い込んでいきたいです。
[PR]
by nao-lee | 2011-05-20 15:45 | others
<< 思いつき クラフトアートフェア >>