山頂にある世界

そこは、山の頂上にありました。(長いです)

f0151327_18392164.jpg


行きたいところをナビに登録したところ旧道を案内され、途中から車では行けない遍路道に入ってしまいました。
近くまで車で行くか悩みましたが、徒歩30〜40分程度と書いてあるので森林浴気分で遍路道を歩いてみることにしたのです。

森林の中を散歩〜♪・・・そんな気持ちはつかの間
急な勾配の坂道がずっと続きます。

そう、それは修行のような山道

f0151327_18471071.jpg


登れど登れどたどり着かない。
日頃の運動不足が体にこたえます。
すれ違う人たちと挨拶を交わすものの、息切れ切れ。
(なぜか、山道ではすれ違う時に挨拶を交わしますね)
「頑張って登ってくださいね」というエールのように感じました。

f0151327_18493360.jpg


こんな道を歩くとは思わず、私はこの状況には相応しくない皮のぺったん靴。
足がいたい・・・

目的地に着くまでにお寺があり、まもなくそちらに着く気配。
f0151327_18502059.jpg


「屋島寺」
f0151327_18535827.jpg


もう、ぐったり。

こんなにハードだとは思わず、なれるのものなら風船になりたかった(心の声)

f0151327_18551053.jpg


山頂はかなりの霧です。

f0151327_185549100.jpg

あっ、本堂を撮り忘れました。

f0151327_18564216.jpg


蓑山大明神を参拝。
日本三名狸に数えられ、アニメ「平成狸合戦ぽんぽこ」にも登場した太三郎狸が祀られています。

f0151327_1901179.jpg



霧の中の七福神。天女が霧といい塩梅。

さて、目的地に向かいます。
ここからどれくらい歩くのかしら・・・(不安)

f0151327_1904082.jpg



そんなに急な坂道もなく、10分程歩くとたどり着きました。

平成16年に営業停止後廃止され、そのまま残っている近代建築のひとつ、屋島登山鉄道「屋島山上駅」

f0151327_21175983.jpg


ケーブルカーもそのまま残っていました。
f0151327_1993976.jpg


このすぐ近くで一件、生活されてはる方がおられました。
ここでお土産物やさんでもされてはったのかもしれません(想像)
周りの大きな旅館や案内所をはじめ、何もかもがまだ当時のまま取り残され朽ちていっている感じでした。
かつては、ここも賑わっていたのでしょうね。
「ぽんぽこ」然り「千と千尋の神隠し」など、どことなくあるようでない宮崎映画の世界を彷彿とさせられました。

そして、またあの遍路道を下っていきます。
下り道もかなりきつかった〜〜〜〜
翌日、足の後ろ側が筋肉痛。。

長いアップにも関わらず最後まで読んでくれはり、ありがとうございます。
[PR]
by nao-lee | 2011-06-22 19:31 | tabi
<< 仏生山のカフェにて ミシュラン3つ星の公園 >>