永平寺 

緑が気持ちの良い路の先には

f0151327_10245211.jpg


今から約760年前、道元禅師によって開かれた座禅修行の道場こと、永平寺。

f0151327_10255584.jpg


寺院の建物の事を一般に伽藍と呼びます。これは僧侶が修行をする清浄な場所という意味があります。
この中でも特に7つのお堂は「七堂伽藍」と呼ばれ、日常の修行に欠かすことの出来ない重要な建物です。
7つのうちの僧堂(座禅・食亊・就寝)、東司(お手荒い)、浴室は三黙道場といって一切の私語は
禁止されています。 
                                       (冊子より)


f0151327_103419100.jpg


階段などもピカピカに掃除されています。
大きなすりこぎに触れるとお料理が上手になるそうです。(さわってきましたよ〜)
f0151327_10361053.jpg

傘枌閣(さんしょうかく)の天上は見事です。

f0151327_1038586.jpg


画家144名によって230枚の花鳥を中心とした絵が描かれています。

f0151327_104247.jpg


この季節でも、ひんやりと感じるこの道場。
冬の修行は厳しいものでしょう。

f0151327_10432933.jpg


金沢からの帰りに立ち寄ったお寺にて。

背筋を伸ばして、気持ち新たに。

f0151327_10434573.jpg

[PR]
by nao-lee | 2012-05-14 10:49 | tabi
<< 一乗谷 九谷風 >>