ベンガラの町 〜岡山・吹屋〜 (前編)

相方が新しいコンデジをゲットしたので出かけようと言いました。

f0151327_938381.jpg


「どこに行く?」と聞いてみたら、「吹屋へいってみよう」との返事。
長閑な田園風景を走り、森の中を走って・・・

f0151327_9381986.jpg


吹屋の街並に到着。
ここ吹屋は、標高550mの山嶺に銅山とベンガラの町として栄えた町。
今でも、ベンガラ格子の町家が建ち並んでいます。

ベンガラ・・・赤色顔料のひとつ。
かつてインドのベンガル地方産のものを輸入したために「べんがら」と名づけられた。

f0151327_9382938.jpg


ちょっと入り込んだ路地を歩いてみたり、趣のあるカフェもありました。

f0151327_9391048.jpg


吹屋の町並みに分かれ道があって、そこに向かうと吹屋小学校が見えてきます。

f0151327_9393918.jpg


木造校舎としては日本一古いもの。
今年の3月末をもって閉校になりました。

f0151327_940171.jpg

f0151327_9401680.jpg


緑の茂みに隠れていた猫ちゃんを相方が発見。

f0151327_9403353.jpg


暑い1日でしたが、猫ちゃんは涼しげです。
[PR]
by nao-lee | 2012-07-31 09:54 | sight
<< ベンガラの町 〜岡山・吹屋〜... いつかの空 >>