原爆ドーム

平和であれと願います。

f0151327_19473756.jpg


平和の炎

f0151327_19485053.jpg


原爆ドーム(世界遺産)
チェコ人の建築家ヤン・レッツェル氏によって設計された「広島県物産陳列館」。

f0151327_19475868.jpg


1945年8月6日午前8時15分17秒、原子爆弾を投下。

f0151327_19481448.jpg


「原爆炸裂後、建物は0.2秒で通常の日光による照射エネルギーの数千倍という
熱線に包まれ、地表温度は3,000℃に達した。
原爆投下時に建物内で勤務していた内務省(建設省)職員ら約30名は、
爆発に伴う大量放射線被曝や熱線・爆風により全員即死したと推定されている。」
(Wikipediaより)

f0151327_194838100.jpg


「二度と同じような悲劇が起こらないように」と、可能な限り、破壊された当時の状態で保存されています。

f0151327_19491467.jpg


同じく原爆を落とされた長崎へは修学旅行で訪れましたが
こうしてじっくりと原爆ドームを見たのは初めてです。

どんなに恐ろしく、悲しく、苦しかった事でしょう。はかりしれません。

ドームを前にすると、戦争がなく平和であることに幸せを感じます。
今この時にも、戦争によって尊い命が失われている国があります。
この先も、対立や争いが消えてなくなる日はこないでしょう。
だけど、戦争をせずに解決できる世界になってほしいと思います。

空を見上げるとひこうき雲。
いつもより悲しくもあり、美しくもあり。

f0151327_1949321.jpg

[PR]
by nao-lee | 2013-05-02 00:20 | tabi
<< 厳島神社 広島焼きじゃろ >>