鳩三郎

時は明治。

f0151327_10403695.jpg


長く愛され続け、かわいいお菓子にあげられる「鳩サブレー」
このサブレーが創り上げられたのは明治の頃。
初代は親しみを抱き、「鳩三郎」とよんでいたそうです。
それが、鳩サブレーに。

昨年の暮れに、大学時代の友人たちとグランフロント大阪で会食。
随分と時が経ち、卒業以来に再会した学友も。
年の暮れだというのに、女子12人が集いました。
個室を予約してくれていた友人に感謝。

f0151327_1040506.jpg


関東のおみやげと友人が手渡してくれたサブレー。
甘くて優しい味わい。
一口食べるごとに楽しかった時間が蘇ります。

f0151327_1041385.jpg

[PR]
by nao-lee | 2014-01-08 11:00 | sweet/tea/food | Trackback
トラックバックURL : http://kokoscafe.exblog.jp/tb/21241641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 点と線 ten to sen 草屋根のカフェ >>