和三盆の落雁

和三盆を使ったお菓子が好き。

f0151327_2201152.jpg


丁寧な行程を経て作られるほっこり味の砂糖の極み、和三盆。
落雁はその代表格でしょうか?
落雁には寒梅粉という材料が必須。接着剤の役目をします。

寒梅粉とは・・・
主に押物(打菓子)を作る時に使う粉で、粒子が細かく軽い感じがする。“寒梅”の名は、ちょうど寒梅が咲く頃、新米を粉にするところからと言われている。一般に関西方面では寒梅粉、関東ではみじん粉と呼ぶ。 もち精白米を水洗い、水漬け、蒸して餅にした後、色がつかないよう焼き上げ砕いた粉。(とらや和菓子用語より)


f0151327_1717289.jpg


落雁の型欲しさもありましたが・・・・。
昨年くらいから和菓子を作ってみたいと思っていました。

これなら私でもつくれそう〜〜。
木枠と違い、初心者にもお手入れが簡単。
和三盆も好きだし〜ということで落雁を作ってみました。

f0151327_17171974.jpg


きめが細かくなるように粉ふるいに励み、型にいれます。
型から出す時が要注意。
慎重に扱わないと型が崩れてしまいます。

なんとかコツをつかんで取り出せました。

f0151327_17173662.jpg


乾燥させると、出来上がり。
口の中でほっこりが広がります。

今回は抹茶と和三盆。

今度は、ゆずやシナモン、ラズベリーなどのパウダーも使って作ってみたいものです。
冬にはココアもいいなぁ〜〜なんて思いも広がります。
[PR]
by nao-lee | 2014-08-13 22:43 | cook
<< 味と器 いいきかせ >>