夏の夜に

夜のお出かけ

f0151327_10004558.jpg
少し前のことですが、夕刻から丹波篠山で催される「でかんしょ祭り」に向かいました。
こちらでは、午後からかなりの雷雨で開催されるかどうか危ぶまれるという感じでした。

f0151327_10031052.jpg
最近では、日が落ち出すとあっという間になってきました。
屋台をゆっくり見て歩き、お目当ての花火を待ちます。
ここであがる花火は、ショー的な花火ではありませんが、ゆったりと立派な花火を見ることができます。

f0151327_10053488.jpg

きれいな花火が夜空に広がります(やっぱり花火を撮るのは難しい・・・)

f0151327_10064060.jpg
水面に映る提灯の灯りがさらに、良い雰囲気を醸し出してくれます。

日は代わり、先日は三ノ宮の海側で行われていた1日だけのイベント〜食職夜市〜へ
美味しいそうな食と手づくりの職が組み合わされた催しでした。

f0151327_10102062.jpg
夜の市もいいものですね〜
台湾ほどの賑わいはありませんが、しっぽり感がいい感じ。

鳥目の私が目を凝らしながら(笑)見て回っていたら、存在を知ってからずっと探していたものに出会えました。

それは、ひょうたんスピーカーです。
聴くのも初体験。

いろんな音楽やひょうたんの聞き比べをさせてもらいました。
聴きながらお話も伺え、どれにしようかと真剣モードの私。

お気に入りをみつけ、ご機嫌です。

f0151327_10202342.jpg
その晩にも聞き、翌朝には、いにしえの映画音楽なども流してみたり。
温かく包み込むような音が心地よいです。
店主さんが、お皿にのせたりすると音響もかわったりするので試してみてくださいとのこと。
早速ためしてみて、相性が良かった琺瑯の器。
音に広がりが出てきて、いい感じ〜〜。

ひょうたんスピーカーを傍らに制作に励みます。





[PR]
by nao-lee | 2016-08-22 10:23 | sight
<< キリエのこと 藤田嗣治展 >>