ジャワの影絵

初めて出会った「ワヤン・クリ」影絵芝居です。
神戸の海の側に位置するQ2で開催されました。

f0151327_12541277.jpg


ワヤンはインドネシアを代表する芸能の一つで、
文学や哲学、宗教、美術、音楽など
様々な要素が集約された見事な総合芸能です。

ジャワでは、この紙芝居は夜の9時から翌朝の4〜5時くらいにかけて
夜を徹して行われます。
題材になるお話は、1000年語り継がれているインドの二大叙事詩「ラーマヤナ」と
「マハーバラタ」がインドネシアに伝えられたころから始まったとされています。
主に、冠婚葬祭やお祭りの時に開催される影絵芝居、お話もその時々に応じて
即興が多く、何が起るかわからない楽しみがあるそうです。

まず、影の方から見て頂きました。
日本では影絵は影を見るものですよね。
前後どちらから見ても楽しめますけれど、ジャワでは表から影絵を楽しむそうな。





残念ながら、
お芝居の間は写真が撮れませんでしたので、その様子はお伝えできませんが。。

表から見るとなんとも奇麗な色使いなのです。
裏表の色が違うものもあります。
だから、影だけではそれは伝わらないんですね。

f0151327_12104113.jpg
f0151327_12105790.jpg

ガムラン楽器の生演奏と供に、
影絵芝居は始まりました。

それと、
もう一つの楽しみは、
人形遣い(ダラン)を側で見る楽しみです。
開演中、移動は自由。




ガムランの楽器に囲まれて中央に真ん中にダランがひとりいます。
ダランは、両手で人形を巧みに操りつつ、語り、朗唱し、足で金属板を叩きながら
背後の楽隊に音楽の合図を送ります。
それは見事な人形さばきでした。

f0151327_1211984.jpg

ぼんやりと写ってる白い服の方がダランです^-^;

影絵は象の皮でできていました。
このインドネシアの影絵に、藤城清治氏も影響を受けたみたいです。

f0151327_12112054.jpg


久しぶりにのったポートライナー。
帰りの電車待ちに思わずパチリ
[PR]
by nao-lee | 2008-07-22 12:59 | craft/art/sewing | Trackback | Comments(50)
トラックバックURL : http://kokoscafe.exblog.jp/tb/8677227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cafetree at 2008-07-22 13:38 x
いちば~ん(’∀’)?!今日こそは☆
1枚目の影絵…
すばらしい芸術ですね。。(’’;
nao-leeさんも負けてないけどこちらもすごい。。
仏教の学校に通っていただけに
懐かしかったです☆
Commented by olive_ww at 2008-07-22 16:13
naoさんこんにちわ~♪
PC大変なことになってたんですねえ。。。それはそれは><
でも復活してよかったですねvv
ガムランの音楽に影絵のお芝居・・・
この暑い時期にすごくいやされそうです~!
この空間にいるだけで、その場に行った気分になれそう^^
Commented by un-chat at 2008-07-22 17:27
ガムランの音や踊りって原始的で土着的で好きだわ。。。。

ワヤンの装飾的な少し神がかったアートを側で見た事があって、
その時もお祈りをしながら無名なるアーティストが黙々と創作していたのを想い出してます。


影絵の裏と表で自然界や生や死を表現するって

やはりお国柄と伝統文化を重んじるインドネシア的な思考ですね。
未だに階級制度が強く残っているけれど、それも人生だと受け止める人が多くて驚きましたよ。

この企画展は興味あるなあ〜。



Commented by lisa_gas at 2008-07-22 18:33
こんにちは(^^)
「ワヤン・クリ」とても興味があります!
バリ島大好きなので、
いつかバリでみたいな~って思っていました。

神戸でご覧になったのですね?
いいですね~

影も素敵ですが、
表からの、きらびやかな色遣い、
さすがインドネシアって感じですね。

ガムランの音色も独特ですきです。
あ~なんか、夏の暑い夜にぴったりな
素敵な時間でしたね(*^_^*)
Commented by maqui-cafe at 2008-07-22 21:34
naoさん、こんばんは^^
 初めて聞きました、<ワヤン・クリ>。
影の部分を見るだけで、あのガムランの音色、音が絡み合いながら
模様を作っていくような音が、聞こえて、見えるような気がします。
 影を表から・・・これは不思議な感じがしましたが
こんな立派な表の顔を見てしまうと、これは簡単に影絵をは
いえませんね・・・。
 ダラン、というのも初めて聞きましたが、このダランの方の個性と
話術などが、ストレートにその影絵芝居を左右するのですよね~
これはすごい緊張感もありそうです。
その国、地域に根付いた芸術は、歴史も知るとまた深く楽しめますね。
こんな濃い素敵な時間を過ごしてしまったら、naoさんの影絵にも思いっきり影響してくるのではないですか?!
これからの作品、楽しみです!
Commented by yume-_-v at 2008-07-22 21:55
勉強になりました、面白いですね。
naoさんのレポでいろいろ想像することもできましたよ。
ありがとう。
↑maqui-cafeさんと同じく、いい影響を受けた
naoさんの次回作が楽しみですし、影絵芝居をやってくださーい☆
Commented by maplechocolat at 2008-07-22 22:12
わ~ クリックして すごい感動しましたぁ~!
影だけ楽しめればいいものかと思っていたのに・・
実際の物も こんなにカラフルで美しいものだなんて~!
naoさん ホント すごいデス!!
いつも感動してるかも~♪ 本当にすごい!すごい!感動♪
きっと 人形さばきも この人形と同じ位 見事なんだろうなぁ~!
また1つ興味ある事が発見出来ました!naoさんには感謝デス♪♪
Commented by clearmine at 2008-07-22 22:45
インドネシアのこの影絵、一度小学校のPTAの行事できていただいて、
感激したのを思い出しました。
日本の影絵とはまったくかけ離れていて、ゴージャスでした。

naoちゃんの作品とどこか相通じるものがありますね。
皆さん同様、これからのnaoちゃんの作品を楽しみにしてます。
Commented by hiinachirimen at 2008-07-22 22:59 x
naoさん、こんばんは!

ずっとずっと昔昔、テレビでこの影絵を操るダランの特集を放映していました。
記憶の中にかすかに残っている程度だったからnaoさんの今日の日記で
それが蘇りました。

世界中見渡すとこういった伝統芸能ってまだまだたくさんありますね!
私が知らないだけで・・・・。
日本にも人形浄瑠璃のような素晴らしいものが受け継がれていますし・・・。

naoさん充実の時間を過ごされてたんだ~~~♪

実は我が家にインドのこの影絵にそっくりな切り絵(やはり動物の皮製)が
額に入ったものがあるのです。とても大きいの・・・・。
祖父の代からあるんだけれど飾ってはいません☆正直ちょびっと恐いかも^^
Commented by sachi at 2008-07-23 00:11 x
影絵、好きなんです。日本、ドイツ、インドネシア・・・
面白そうな企画ですね。ガムランの音と共に繰り広げられる劇
迫力があり盛り上がりますよね。生で見られてよかったですね。
藤城清治さんも影響受けてたんですね。そういえば、昇仙峡にある藤城さんの影絵美術館は行ったことがあります♪
Commented by tolliano_papan at 2008-07-23 01:24
こんばんは^^;
一瞬、ジャワに旅行しちゃったのかと♪
こういう世界、ええっすね、影絵ってロマンだなぁ。

仏教芸術でもインドから日本まで、
お国柄が色々あって興味深いっす^^;
Commented by zemiiwaki at 2008-07-23 09:07
おはようございます^^
影絵の表がこんなにも色彩豊かだとは知りませんでした。
二重に楽しめてお得感満載!
細工の細かさに圧巻です。
nao-leeさんの創作意欲にまた新たな火がつくのでしょうか^^
素敵な切り絵、楽しみにしてます^^
Commented by studiopinot at 2008-07-23 10:01
なるほど藤城精治しにつながりますね。

naoさんから見るとその辺が見えてくるのですね。

家にも主人が出張の時買ってきたのがあり、ほこりをかぶってます。
綺麗にしてあげる事にします。

夫が言うことに、持って帰ってくるのが壊れそうで大変だったとか。
Commented by flowerchildh at 2008-07-23 13:26
テレビでは見たことがあったけれど、このインドネシアの影絵
の事を「ワヤン・クリ」って言うの初めて知りました。
naoちゃまが今回のワヤン・クリの歴史やバックグラウンドの事を
分かりやすく書いてくれたことに感謝!
脳みその皺が増えたわん。(少しは利口になりました。笑)
日本の影絵もすっごく素敵だけれど、こちらのも見てみたいな~。
すっごく興味津々。
本当にありがとうね~♪

Commented by mi-mian at 2008-07-23 15:45
「ワヤン・クリ」というのですねー
名前をはじめて知りました!
影絵なのに、この色合いって不思議だなあと、思っていたのです。
ガムランの音、この音は心の奥〜の方に響きますよねー
バリでこの音を聞いた時、ドキドキしたのを思い出します^^
これに影絵が加わったら、濃密な世界だろうなあ。
ふふふ、naoさんバージョンの影絵芝居も、見てみたいなあ♪
森の中で起こる不思議な出来事〜想像想像〜^^
Commented by nobulinn at 2008-07-23 18:44
こんばんは。
インドネシアの影絵、テレビとかで見たことがあるような・・・
でも、こんな表の色彩をじっくり拝見するのは初めてです。
おもしろいものですね~。
ひとつひとつ微妙に表情が違いますね。
音楽とともにこの影絵を体験したら、また独特の世界なんでしょうね~♪
お香の香りとかしてきそうな雰囲気・・・(^^;)
藤城清治さんの影絵ですか・・・そう言われれば、たしかに!
子供の頃、本で見たりしてました、きれいなんですよね。

Commented by naco-life at 2008-07-23 18:49
こんばんは☆
裏から見るととっても幻想的ですね~。
そして表からは独特の色使い。
バリでは野外劇場で演じるのかしら?
ガムランの響きが更に幻想的な雰囲気を
かもし出しそうです~♪

暑い夏の夜にぴったりな雰囲気ですね^^
それにしてもあぢ~。
Commented by rise_1246 at 2008-07-23 20:28
わぁ~懐かしいインドネシアネタ!
と言っても私そんなに詳しくないの~。ただ何回かこういう影絵を見たことが
あるって事。
それから、凄く素敵な独特の感性がある感じでしょうか?
インドネシアに。ガムランの音も良いよね~。

ねねさんも書いてるけど、未だに階級制度が残ってて、下の人は這い上がれない
ような文化があるけど、みんなそれなりに幸せそうにしているように見えました。
ただ、サッカーの試合とかがあって、不満が爆発すると暴動が起きて
中国人の家とかがよく焼き討ちされてたわ。
”戒厳令”が出て私達は缶詰になってたわ~。

金持ちとそうじゃない人の、大きなギャップは信じられないくらいでしたね~。

Commented by kash-w at 2008-07-23 22:10
こんばんは~!インドネシアって行ったことがないので
興味津々!!
影絵、スゴク細かいのね!インスピレーションがわきましたかぁ!?

↑のriseさんのコメントも興味深く読ませてもらいました。
未だに階級制度が残ってるんですねぇ・・・。
Commented by retrange05 at 2008-07-23 22:58
異国情緒たっぷりで幻想的で素敵な影絵ですね~
日本の物とはまた違っていて凄いです。
表と裏にも驚いています。
ガムラン楽器の生演奏も興味深いですね~

それにしても神戸夜景は何度見てもステキ♪
Commented by vivihamu at 2008-07-24 00:38
ヾ(>y<;)ノうわぁぁー 凄いね。これ 影絵なの?
細かいっていうか 影の大元が 素晴らしい作品になってるんだね。
知らなかった~ これを 音楽 語り 動きを 全部こなしていくのね。
何人くらいで やってるんだろうか?
神秘的な 影だわ。
ガムランの生演奏 どんなんだろう?
これまた 神秘的な感じ?

ポートライナー 懐かしい!昔 ポートピアホテルってところに泊まった事あったなぁ。
Commented by orangelife-kansai at 2008-07-24 02:19
1枚目の写真
影絵なのに立体的で色が付いているように見えてきました。不思議。。^^
表と裏、そして影で表現するお芝居ですか。
そして自由に動いてみてもいいなんて..ダランもきになるし
あれもこれもいっぱい見たくて
ずっと目がきょろきょろしてそうですね^^

インドネシアでは夜通し行われ、即興もありだなんて
ダランはどうやってみんなを指揮するんだろう。。^^ 興味深々です。
Commented by nao-lee at 2008-07-24 09:42
cafetree さんへ
一番にきてくださりありがとうございます^-^/
本当に、細かい影絵です。
どのようにしてつくってるでしょう。。
きっと、この影絵を作る職人さんがおられるのでしょうね。
伝統芸ですものね^-^
仏教系の学校にいかれてはったんですか@@
禅とかあるんでしょうね?
Commented by nao-lee at 2008-07-24 09:46
olive_wwさんへ
そうそうPCに泣かされました。
本当にね〜〜やれやれです^-^;
ありがとうございます。
ガムランって何だか不思議です。
楽譜は確か数字でしたっけ?
音を鳴らすと、すぐに手で音の振動をとめるんですね@@
いい夏の時間が過ごせました^-^
Commented by nao-lee at 2008-07-24 09:53
ねねさんへ
ガムランの何ともいえない管弦が身体に染みますね^-^
そうなんです。
やはり、信仰が強いなぁって思いました。
楽器や影絵の舞台前にも、神様へのお供え物がしてありました。
それに、お肉も食べはらないとか?
表か裏かという、どちらが正解って答えはないそうです。
階級制度。。。そうですかぁ。。
ここの会場は、新しいアートの場となることでしょう。

Commented by nao-lee at 2008-07-24 09:57
lisa_gasさんへ
バリは、友人がよく行っておりました。
とても魅力的なところみたいですよ!!

ガムランの楽器はよく目にしてたのですけれど。。
ちょこちょこっと活動させて頂いてるアート活動の場で
ガムラン教室があったんです♪

コチラの影絵芝居は初めてでした。
暗闇に広がる音と影と人形遣い。。。
幻想的でしたね^-^
Commented by nao-lee at 2008-07-24 10:03
maqui-cafeさんへ
最初は、影の方にいたんです。。
やはり影絵が見た〜いと思って^-^
「すごいなぁ」って感激!!
しばらくして今度は前から見てみようと前へ・・・
前から見る方が楽しめました。
だってね、後ろから見てると登場人物がさっぱりわからなかったんです@@
それと、影を操るダランに釘付け^-^
ダランはかなり名誉のあるお仕事なんだと思います。

・…・私の影絵・・・・プレッシャーが・・・・・^-^;
Commented by nao-lee at 2008-07-24 10:06
yume-_-vさんへ
面白いでしょ〜〜こんな影絵の存在のことを。
私も知りませんでした。
拙いレポで伝わってたら嬉しです。
うわぁ〜yumeさんまで、、軽いプレッシャ〜〜^-^:
修行致します。。
Commented by nao-lee at 2008-07-24 10:09
maplechocolatさんへ
感動して頂けましたか?
私のキリエとは大違いです@@
中の模様がすごく細かいんですね〜〜
私も感動しました。
表の顔も違うっていうところもすごいですよね@@

人形さばきはすごかったです。
やはり前から見た方が楽しめます^-^

Commented by nao-lee at 2008-07-24 10:13
clearmineさんへ
小学校のPTAの行事でみはったんですね@@
素敵な企画をされてるんですね。
影絵芝居と一口にいえない感じですよね。
本場では夜から朝方まで語り続けるって。。。
それも人形を操りながら。。途中で交代しはるのかしら?

…これからの作品にいかせるようにしたいですね^-^
Commented by nao-lee at 2008-07-24 10:16
hiinachirimenさんへ
そうなんですね。
私は、存在すら知りませんでした。
その放映をみてみたいなぁ〜
そうなんです。
世界各地でこういった伝統芸がありますね。
そうだった〜〜!!ベトナムでもありました。

お家にあるんですね@@
この影絵^-^
そう、ちょっと怖いんです。。たしかに。。。
魔除けになりそうです^-^

Commented by nao-lee at 2008-07-24 10:19
sachiさんへ
ドイツの影絵〜〜どんな感じでしょう。
アンデルセンの切り絵の本はもってるんですけれど・・・
日本は切り絵と行ったら黒のイメージ。
でも、アンデルセンのは白い切り絵でした。
結構、ガムランの音は大きいのに、何故か睡魔が・・・
何でしょうね。
小さな子供もスヤスヤ。
影絵美術館行ってみたいです^-^
Commented by nao-lee at 2008-07-24 10:23
tollianoぱぱーんさんへ
ジャワへジャワ〜〜ン(意味なし)^-^;
なかなか神秘的でした。
裏表がたのしめるのもいいですよね^-^

水面に写るものも神秘的。
普段はあまり気にしないものだからこそ。。かもしれませんね。。
Commented by nao-lee at 2008-07-24 10:27
zemiiwakiさんへ
そうなんですね。
この影絵は、インドネシアでは表から見るのが主流だそうです。
私も、はじめは影の方にいてましたが、表の方が存分に楽しめました。
ワヤンの動きや、絵の感じ。
影は影として楽しめ。。。色のある世界とない世界ですね。
私の作品、これがいかせるようになるまではまだまだ修行ですね^^;
Commented by nao-lee at 2008-07-24 10:31
studiopinotさんへ
藤城精治氏の作品はどこか頭の片隅に記憶として残っていました。
不思議な世界だなぁって。。
その作風の原点がここにあったのかぁと思いました。

pinotさんのお家にもおありなのですね。
私は、インドネシアに行ったことがないのでわからないんですけれど。。
あちらでもインドネシアを象徴するものなのかしら?

影絵を楽しめるんですか?^-^


Commented by nao-lee at 2008-07-24 10:36
flowerchildhさんへ
私は、今回知ったのが初めてなのです。
インドネシアの影絵芝居って有名だったんですね^-^;
私の拙いレポでそんなふうに言って頂き嬉しいです。
私も、脳みそのしわが増えました。
世界にはいろんな伝統芸があるんですね^-^
事に、人形を使うという手段は多いかもしれませんね^-^
機会があってみることが出来るといいですね。
「コブクロ」の影絵も良かったですよね〜
flowerちゃまのところで見せてもらいました^^

Commented by meshi at 2008-07-24 16:44 x
ガムラン音楽って高揚しますよね。
ケチャって神がかり的で陶酔しちゃうもんなぁ〜。
バリの絵や色使いって好き♪
鮮やかすぎないバランス感覚が心地いいんですよね〜。
お土産用の影絵人形が実家にもあります。
両親の寝室の壁に貼られてて、
細くしなやかなラインがとってもキレイなんです。
紙芝居は長時間ですね〜。寝転がってするのかしら?

↑青のゼリー!!!
とっても美しいけど・・・わっはっは。
Commented by mikeneko-baku at 2008-07-24 17:07
1000年の歴史はすごいですね。
表からの豪華さに驚きました
影にするのに・・・・
異国の歴史に触れるのも 素敵なことですね。
naoさんの作品にも影響を与えるのでしょうか?
楽しみですね。
Commented by tea-tea-chai at 2008-07-24 22:48
こんばんは~♪
以前バリ島の通い続けた時があって、懐かしいなぁ~と思いながら拝見しました。
私、音楽やダンスをよく見に行っていたのですが、この影絵は見に行ったことがなかったんです。
切り絵として、影絵としての視点から見ると、ほんとに素晴らしいですね。
naoさんの感性のビビッとくるのがわかります。
神々への信仰が暮らしの中に根付き、あらゆる芸術を育て、伝えているのを感じますね♪
Commented by nao-lee at 2008-07-25 07:51
mi-mianさんへ
ちなみに「クリ」は皮っていう意味だそうです。
この色合いはインドネシアって感じですよね〜
そうなのです。
かなりガムランの音は大きかったように思うんですけれど。。。
音の響く感じが何だか心地いいような気がしました。
影絵芝居も加わり神秘的でしたね^-^
修行致します。。^-^;
Commented by nao-lee at 2008-07-25 07:56
nobulinnさんへ
何人かの方がテレビで見られたみたいですね。
私は、聞いたのも見たのも初めてでした。
色のある世界とない世界。。
前から見ると登場人物のことがよくわかります。
後ろからだとちょっとわかりにくい。。でも、影に魅了されてしまいます。
ワヤンをすぐ横で見てたんですけれど、神業ですね^-^
お香はなかったんですけれど、お供え物はありました。
Commented by nao-lee at 2008-07-25 07:59
naco-lifeさんへ
私は、まず裏から見てたんですね。
影に魅了されて〜〜しばらくしてから前にまわりました。
影絵の概念を覆された感じでした。
コチラの影絵芝居は前からの方が面白かったからです。
ワヤンの人形さばきや絵の色の美しさ。
ストーリーも前からの方がよくわかりました。
幻想的な時間が過ごせました〜〜
Commented by nao-lee at 2008-07-25 08:04
rise_1246さんへ
インドネシアには行ったことがないんです。。
友人はよくバリに行ってました。
ガムランの音は何だか不思議な感じですね。
確か、あの楽譜って数字でしたよね^-^
階級制度ですか〜
そういうこと海外に行くと感じられますね。
カースト制の国で友人が恋に落ちました。
今頃どうしてるかしら・・・・
わぁ@@サッカーには熱狂的なんですね!!
焼き討ちはひどい〜〜
Commented by nao-lee at 2008-07-25 08:06
kash-wさんへ
私も本場には行ったことがなんです。
ガムラン音楽に浸って、しばし南国気分でしたって、充分暑いですけれど。。
影絵は、本当に細かいんです。
象の皮で作られてるから破れるってことはないそうですよ@@
階級制度は旅行にでると感じる時がありますね。
Commented by nao-lee at 2008-07-25 08:10
しーさんへ
いわはるととおりですね^-^
異国情緒たっぷりで幻想的で素敵な影絵でした^-^
表と裏とで、色無い世界とある世界。
不思議ですよね^-^
こんなこと思っても見ませんでした。
影絵だと思っていってたものですから、衝撃的でした。
生演奏もよかったですね。臨場感が楽しめました。
この会場は、ポートアイランドと言って海に出来た街にあるんですね。
だから、海側からポートタワーが見えました。
Commented by nao-lee at 2008-07-25 08:14
vivihamuさんへ
そうなんですよ!!影絵芝居なんです。
生演奏付きで^-^
ワヤンはひとりっきりなんです。
次から次へと人形を操っていきます。側にお弟子さんかな?
その方が一人いてはって、歌の相づちとか人形をセッティングしてました。
演奏は15人くらいだったかなぁ〜

ポートライナーは私も昔はよくのっていました。
ポートピアホテルはポートアイランドを象徴するホテルです〜〜
Commented by nao-lee at 2008-07-25 08:20
orangelife-kansaiさんへ
わぁ〜 orangelifeさんにもそう見えましたか?
時折…影も色が見えるような気になるんです。
写真からもそう思われたなんてすごいですね〜=〜
表と裏を行ったり来たり^-^
でも、殆ど前から見ていました^-^
それも、のよく見える側面から。
ダランの演じてるさまがすごく良かったです。
棒で側にある箱を叩いて音楽の指揮をとっていました。
Commented by nao-lee at 2008-07-26 21:08 x
meshiさんへ
そうですね〜
あのガムランの響き具合も独特ですよね。
楽器の周りにも神様へのお供え物がありました。
そういった空気感もmeshiさんがいわはるように
神懸かり的かもしれません。
ケチャってナチュラルハイになりそう^ー^
見たことおありなんですね^-^
いいなぁ〜〜
この青いゼリー、身体にちと悪そうですが頂きました〜=〜
Commented by nao-lee at 2008-07-26 21:10 x
mikeneko-bakuさんへ
こんばんは〜
そうですよね^-^
日本でいう何にあたるんでしょう。。
源氏物語?平家物語?(笑)
歴史にうとくってすいません。
影はあくまで影の扱いかもしれませんね〜〜
インドネシアでは前から見るのが普通だそうです。
私も精進致します。
Commented by nao-lee at 2008-07-26 21:14 x
tea-tea-chaiさんへ
わぁ〜〜通いつめてはったんですね。いいなぁ〜
バリはとても癒されるところみたいですね^ー^
マーサージとかも有名ですものね。
音楽やダンスってっもう、その世界にのまれてしまいそうな気がします。
影絵のつもりで見に行ったので、衝撃でした。
想定外でしたよ^-^
そうですね。神へ恩恵をうけて・・・
<< 青いゼリー 夜の陽炎 >>