地図の上で

ちょうどこの季節にあの頃私は・・・

f0151327_2273159.jpg


この地図の赤く記されたところは私が降りた駅です。

沢山のアートに触れたくって20代の頃に
パリの15区に少しだけ住んでいた事があります。
片言のフランス語しか話せませんでしたけれど、何とかなりました。
おばぁちゃんがしていた本屋さんで欲しかった本を見つけた時は、
手の届かない高い場所にあったものだから必死のゼスチャーでした。

フランスパンがめちゃくちゃおいしかった事。
貧乏生活でしたけれど、フランスパンさえあったらもう笑っていました。

予約したセーヌ川クルーズの日はどしゃ降りの雨。
カッパをはおって甲板に出ていた私と友人だけ。
途中から雨もやみ、パリをぐるっと見て回った気分でした。
パりは雨の似合う街だなぁって思ったものです。
そうそう、うまれて初めて犬のう○こも踏んでしまいました。
パリの歩道はボ〜っとよそ見をして歩いていたらいけません。
きっと、私と同じ目に遭います。

「ドアーズ」のジム・モリソンのお墓参りもしました。
有名な方のお墓がたくさんありました。
初めてのオペラも感動しました。
モナリザの絵のサイズと厳重さにも驚いたものです。

モンマルトルにたどり着く階段。
そこに腰掛けて街を見渡しながらパンかじっていました。

沢山の美術館やギャラリー巡りにあけくれ、エッフェル塔に行く事を忘れていたんです。
帰国した時に、エッフェル塔は?と聞かれ「はっ!!」と気付いた訳なんです。
でも、移動の際でもどこかにエッフェル塔が見えていたものですから、
すっかり行った気になっていました。

あの頃に見た事、感じた事は一生の宝物です。

maquiさんは今頃パリの空の下ですね〜♪
[PR]
by nao-lee | 2008-10-18 22:42 | others
<< 続投中 海の上 >>