<   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧
それぞれの・・・

5月も終わりますね。

f0151327_1418192.jpg


シャカ。シャカ。
シャカ。シャカ。

f0151327_14194622.jpg


卵は常温にして、黄身と白身にわけて…

猛烈に、泡立てる〜〜〜〜 
f0151327_14205679.jpg

角がたつくらいまで…

f0151327_1421334.jpg


訂正…文明の機器(泡立て器)で泡立てましたemoticon-0110-tongueout.gif

そして、相方の好物のいちごを盛りだくさん

f0151327_14234895.jpg


お互い、春生まれの相方と私。
それぞれのケーキ。

相方からはこちら。

f0151327_1427515.jpg


箱を開けると・・・emoticon-0115-inlove.gif フルーツ盛りだくさんでおいしかった〜〜

f0151327_14274049.jpg


そして、私からは、米粉のいちごロールケーキ

f0151327_14381078.jpg


手づくりゆえ、不格好さはクリームでごまかしましたemoticon-0111-blush.gif
隠し味は、最近でてきた相方のお腹を気遣い、糖分やや控えめ低脂肪クリームです。

お味は、もちっとおいしくできあがりました。
[PR]
by nao-lee | 2011-05-31 20:38 | cook | Trackback
またまた・・・

ここによれば、絶対これはかかせません。

f0151327_13115160.jpg


西宮ガーデンズにある「Helsinki Bakery」のシナモンキューブ

f0151327_13261438.jpg


カカオ・クランベリー・アプリコット…などとシナモンクリームの取り合わせが絶妙。
初めて食べた時から、見た目もかわいくすっかりお気に入りです。

f0151327_132339100.jpg

f0151327_13235593.jpg


食べる前に、レンジで少し温めてから頂きましょう。
[PR]
by nao-lee | 2011-05-29 13:27 | sweet/tea/food | Trackback
シナモンの・・・

カフェクロワッサン…だったかしら?

f0151327_11133071.jpg


お散歩↓のついでにBIGOTさんのパンを買って帰りました。

f0151327_1113516.jpg


シナモンの山食パンだって(興味津々)emoticon-0144-nod.gif
その上、「焼きたて」
買ってみましょうemoticon-0111-blush.gif

f0151327_1114649.jpg


栗の感じがかわいい栗のデニッシュ。栗とココナッツがいいバランスです。
一口サイズの小さなベーコンクロワッサン。
小さくても、しっかりクロワッサンでした。

シナモントースト・・・甘党の私なのでシュガーパウダーをかけるともっとおいしいかも?

f0151327_11142377.jpg

[PR]
by nao-lee | 2011-05-26 11:31 | sweet/tea/food | Trackback
神戸散歩(海側)

いいお天気だったので、お散歩カメラをもってちょっと神戸散歩

f0151327_19433490.jpg


f0151327_19452310.jpg


ビストロ発見。
この劇場はいつからあるんだろう?とか思いつつ歩いてました。

このあたりには、あのタワーがあります。ポートタワーですね。
f0151327_1948683.jpg


真下から見上げてみましたよ
f0151327_1950445.jpg


真昼に撮ったせいか白いのですが、ちょっと色あせた写真のようでレトロな感じです。

f0151327_19521867.jpg


街路樹で見つけました。
f0151327_2110614.jpg


これは、さくらんぼでしょうか?
それと、不思議な花・・・も。
[PR]
by nao-lee | 2011-05-25 21:16 | sight | Trackback | Comments(30)
思いつき

試作中

f0151327_1336116.jpg


ふと思いついたので、イメージを膨らませながら作りかけています。
考えている時は、夢の中にもでてきます。
[PR]
by nao-lee | 2011-05-24 13:43 | kirie | Trackback
アンティークなリネン

使い込まれたものたちを見ながら思うこと

f0151327_13274135.jpg


ピカピカなものじゃなく、使い込まれたもの。
長きにわたってできあがる風合いは、まっさらなものには真似できない。

お気に入りのものや大切に使われてきたものは、時を越えても愛される。
そこから感じられる懐かしさには優しさや愛情がいっぱい詰まっていて、素朴な温もりは、使うとわかってくる。

使い込まれたリネン。
そこに刺繍された糸も色あせちゃったけど、ちょこんと残っている様がかわいい。

雰囲気よく朽ちて錆びついた鉄。
その錆びは、長い年月をかけてできた味わい。
味わいにも好みがあるけれど、出先でいい味わいの錆びをみかけると立ち止まってしまう。

古いけれどいいもの。
いいものは、時代を超えても引き継がれていくのでしょう。

時おり思うことがあります。
アンティークなものにであった時、どんな生活をしてきたのかなぁ〜って。
ふと触れて、しばし空想にふけるのです。
アンティークなものに憧れますが、我が家には、アンティークなものはほとんどありません・・・

大切に使っていきたいと思うものはありますので、味がでるまで使い込んでいきたいです。
[PR]
by nao-lee | 2011-05-20 15:45 | others | Trackback
クラフトアートフェア

お天気に恵まれた週末

f0151327_10134989.jpg


名古屋にいる友人が出店している「姫路クラフトアートフェア」にでかけました。
彼女に会うのは、14年ぶり?

f0151327_1126096.jpg

ドキドキワクワク

フェアの様子はこんな感じです。

f0151327_10161359.jpg


まずは、彼女のところに真っ先に向かいました。
出会うや空白の年月はあっという間に消え、再会を喜び私も彼女のブースに腰をおろして・・・

その間、相方は手づくり体験のブースにて

f0151327_10243556.jpg

錫のグラスを夢中になって作ってます。
なかなか味のあるいいグラスができました。

パワフルな友人の作る作品は、鮮やかな幟(のぼり)の服や小物です。

f0151327_10181362.jpg


フェアーで彼女の布ものと器をゲット。そして、相方の作った錫のグラス。

出会った頃も、お互いもの作りについていろいろ話したりしていました。
月日は流れたけれど、あたたかく包み込むような性格の彼女。
変わらない彼女がいました。
「流行に流されることなく、私の作品が好きだと言ってくれる人たちに会いたい」と彼女は話します。

こうして頑張っている友人と会い、続けることや人との出会いはかけがえのないものだと改めてまた思います。

14年あまりを振り返り「あの頃は、若かったなぁ〜。私も随分落ち着きました」emoticon-0102-bigsmile.gif
そのころ、みなさんはいかがお過ごしだったことでしょう?
[PR]
by nao-lee | 2011-05-17 11:59 | craft/art/sewing | Trackback | Comments(24)
城のある公園

姫路城のある公園

f0151327_1112670.jpg


緑がたくさんあります。

f0151327_11151013.jpg


園内では猫たちものんびり過ごしています。
近付くと逃げられるかな?とそろりそろり

全く逃げる気配なし。
だけど、カメラを向ける私がいる方向は眩しかったみたい

f0151327_11153561.jpg


世界遺産でもある姫路城はただ今、大天守保存修理工事中。

f0151327_11174412.jpg


正面から見ると、こんな感じになっています。

f0151327_11184320.jpg

[PR]
by nao-lee | 2011-05-17 11:21 | sight | Trackback
茶室ゑびすにて

和歌山の〆はカフェで・・・

f0151327_13471579.jpg


そのカフェはレトロなビルヂィングの中にあります。
和歌山に行ったら、是非、寄ろうと思っていたところです。

f0151327_13473819.jpg


小野町デパート 2F 「茶室ゑびす」

f0151327_15314023.jpg


落ち着いた雰囲気の中でゆるりと。

f0151327_13482443.jpg


アーティスティックな陶器も眺めながら・・・
頂いたコーヒーの名前は忘れてしまいました。

f0151327_1348824.jpg


和歌山をぐるりと巡った後に頂いたコーヒーはホッと一息できるおいしさでした。

f0151327_13484720.jpg


(追伸)
帰り道、海沿いにある淡島神社に寄ってもらいました。
やや薄暗い時間。参拝時間も過ぎていて入り口のみ入れました。
こちらの神社は人形供養、針供養などされている神社。
大切にされた人形がぞろりと供養されていました。
正直、かなり怖かったです。なので、写真はありませんが「ひな流し」でも有名です。

和歌山の旅にお付き合いくださり、ありがとうございました。

茶室ゑびす
(場所) 和歌山市小野町3-43 西本ビル
(営業時間)AM11:00~PM19:00
(定休日)火曜日不定休 水曜日定休
[PR]
by nao-lee | 2011-05-16 14:21 | cafe | Trackback
伝統のある街

レトロなレジ発見(今も現役)

f0151327_10202764.jpg


鎌倉時代に伝来した金山寺味噌から生まれたとされる醤油が有名で栄えた湯浅。
重要伝統的建造物群保存地区をぶらり

f0151327_10204345.jpg


通りに面した外壁に、いろいろ古いものが展示されています。
当時のお医者さんが使ってたものや生活道具に人形・・・など。
f0151327_1021338.jpg


湯浅町を代表する町家をつかった小さな博物館『湯浅おもちゃ博物館』↓
最初のレジはこちらのもの

記念にと、今は廃業されてしまった醸造家のレーベルを下さいました(右下)

f0151327_1021219.jpg



醤油発祥地のお醤油をおみやげに。

f0151327_11423865.jpg


かつては、賑わっていた醤油所ですが、現在では昔ながらのこうじから作っているのは湯浅ではこの角長だけだそうです。

「角長(かどちょう)」さんの濁り醤

圧搾も加熱もせず、麹が原料を分解してできた汁のみを取り出す、人の手を全く加えていない醤油です。
酵母の影響で通常の醤油に比べ少し濁った色になることから名付けられた「濁り醤」は完成までに約10年を要したとのこと。

f0151327_10214461.jpg


醤油本来の味を味わうといたしましょう。
[PR]
by nao-lee | 2011-05-13 10:44 | tabi | Trackback