<   2011年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
パン屋のレストラン

暑かったけれど・・・これは別(笑)

f0151327_10483147.jpg


食べ物の限定に弱い私。
神戸屋レストランの1日限定10食のパン屋さんメニューを食べにいきました。
「パン窯煮込み 牛ほほ肉のシチュー」

ルクのオーバルに入ってきました。
柔か〜いほほ肉・じゃがいも・人参・ブロッコリー・カボチャが大きくごろっと入っていて
シチューをパンにつけていただくと、おいしい〜〜

ハンバーグ好きの相方はハンバーグを。(ちょっと好みが違っていたみたい)

パンは食べ放題なのですが、全種類は多くって食べれませんでした。
覚えているだけで、ライ麦パン、米粉パン、オレンジパン、黒糖パン、ヨーグルトパン、
イチジクとくるみ、胡桃パン、ローズマリーのフォカッチャ・・・など。
焼きたてのパンはさすが、おいしかったです。

帰りに、中でもおいしかったのを買ってかえりました。

f0151327_10581314.jpg


黒糖パンとイチジクとくるみです。


神戸屋レストラン 御影店
(場所) 神戸市東灘区住吉本町3-5-11
(営業時間)[レストラン]11:00~23:00 (L.O. 22:00)
      [ショップ(販売のみ)]10:00~22:00
[PR]
by nao-lee | 2011-06-30 11:06 | cafe | Trackback
ねこ並べ

作成中

f0151327_16382881.jpg


f0151327_1640696.jpg


紐を通して・・・
f0151327_16411684.jpg


輪っかもつけて・・・完成。
f0151327_16421762.jpg


ん〜〜くるくる回って同時にこちらを向いてくれません。

f0151327_16423682.jpg


なんとか撮れました(笑)

f0151327_16425794.jpg

[PR]
by nao-lee | 2011-06-27 17:49 | kirie | Trackback
香川の〆は・・・

やっぱり食べとかなくっちゃ

f0151327_22223442.jpg


丸亀町の商店街通りをブラブラ。
こちらの周辺はアンティーク雑貨や香川の雑貨、生地屋さん、ボタンやレース屋さん・・・などなど。

ちょこっとお買い物をしてから、猫の絵が気になって向かったプシプシーナさんへ
これはね、口の中に入れるとパリっとしてス〜〜っと溶けてしまう生姜のお菓子です。

香川の〆は「もり屋」さんのうどんで。
香川の楽しみのひとつは早起きしてうどん巡りでしょう。
今回は、遅くまでしているお店をピックアップしていきました。

うどんの上に唐揚げ
かき揚げおろしうどんのかき揚げがとっても大きくってサクサク〜〜
これは、かき揚げだけでお腹いっぱいになってしまいますよ(笑)

うどんはこしがあってさすが!!でした。
[PR]
by nao-lee | 2011-06-26 22:36 | tabi | Trackback
仏生山のカフェにて

高松でのランチ。候補をいくつかあげていましたが・・・

f0151327_10172394.jpg


地元素材でお料理をいただける「Cafe asile」さんへ

f0151327_10174230.jpg


モダンな感じと町家の雰囲気があります。
禁煙・喫煙とブースも分かれています。

頂いたのは、仏生寺にある老舗「神崎屋」のお酢や醤油を使ったお薦めランチ。
鶏のみぞれ煮に海老と卵のオイスター炒め
(ご飯はおかわりできます)

f0151327_101803.jpg


店内には、ちょっとした雑貨も扱っていました。
そして、ゆっくり過ごせるようにか雑誌や本もたくさん。

とてもおちつけるところでした。

f0151327_10181738.jpg


デザートもお薦めをいただきました。
ガトーショコラに小豆のシフォン、クリームブリュレ。

f0151327_10183825.jpg


クリームブリュレは久々に食べました〜。おいしかったです。

f0151327_10185764.jpg



cafe-asile
(場所) 香川県高松市仏生山町甲2507
(営業時間)AM8:30~PM6:00
        L.O.PM5:30
(定休日)月曜(祝日の場合は翌日がお休み)
[PR]
by nao-lee | 2011-06-24 10:40 | cafe | Trackback
山頂にある世界

そこは、山の頂上にありました。(長いです)

f0151327_18392164.jpg


行きたいところをナビに登録したところ旧道を案内され、途中から車では行けない遍路道に入ってしまいました。
近くまで車で行くか悩みましたが、徒歩30〜40分程度と書いてあるので森林浴気分で遍路道を歩いてみることにしたのです。

森林の中を散歩〜♪・・・そんな気持ちはつかの間
急な勾配の坂道がずっと続きます。

そう、それは修行のような山道

f0151327_18471071.jpg


登れど登れどたどり着かない。
日頃の運動不足が体にこたえます。
すれ違う人たちと挨拶を交わすものの、息切れ切れ。
(なぜか、山道ではすれ違う時に挨拶を交わしますね)
「頑張って登ってくださいね」というエールのように感じました。

f0151327_18493360.jpg


こんな道を歩くとは思わず、私はこの状況には相応しくない皮のぺったん靴。
足がいたい・・・

目的地に着くまでにお寺があり、まもなくそちらに着く気配。
f0151327_18502059.jpg


「屋島寺」
f0151327_18535827.jpg


もう、ぐったり。

こんなにハードだとは思わず、なれるのものなら風船になりたかった(心の声)

f0151327_18551053.jpg


山頂はかなりの霧です。

f0151327_185549100.jpg

あっ、本堂を撮り忘れました。

f0151327_18564216.jpg


蓑山大明神を参拝。
日本三名狸に数えられ、アニメ「平成狸合戦ぽんぽこ」にも登場した太三郎狸が祀られています。

f0151327_1901179.jpg



霧の中の七福神。天女が霧といい塩梅。

さて、目的地に向かいます。
ここからどれくらい歩くのかしら・・・(不安)

f0151327_1904082.jpg



そんなに急な坂道もなく、10分程歩くとたどり着きました。

平成16年に営業停止後廃止され、そのまま残っている近代建築のひとつ、屋島登山鉄道「屋島山上駅」

f0151327_21175983.jpg


ケーブルカーもそのまま残っていました。
f0151327_1993976.jpg


このすぐ近くで一件、生活されてはる方がおられました。
ここでお土産物やさんでもされてはったのかもしれません(想像)
周りの大きな旅館や案内所をはじめ、何もかもがまだ当時のまま取り残され朽ちていっている感じでした。
かつては、ここも賑わっていたのでしょうね。
「ぽんぽこ」然り「千と千尋の神隠し」など、どことなくあるようでない宮崎映画の世界を彷彿とさせられました。

そして、またあの遍路道を下っていきます。
下り道もかなりきつかった〜〜〜〜
翌日、足の後ろ側が筋肉痛。。

長いアップにも関わらず最後まで読んでくれはり、ありがとうございます。
[PR]
by nao-lee | 2011-06-22 19:31 | tabi | Trackback | Comments(22)
ミシュラン3つ星の公園

モデルコースでも1時間はかかります。

f0151327_11112962.jpg


2009年発売のミシュラン観光ガイドに「わざわざ訪れる価値のある場所」として最高評価3つ星に選定された「栗林公園」
今の季節は、早朝の5時半から開園しています。

f0151327_22152624.jpg

花しょうぶ園では、ちょうど菖蒲が咲いていました。

f0151327_10124465.jpg


芙蓉峰から見渡す北湖

f0151327_1013553.jpg


飛来峰から見渡す南湖

f0151327_22124292.jpg

f0151327_2213152.jpg


緑が気持ちいい〜

f0151327_10134467.jpg


お茶室も設けられています。

f0151327_11114634.jpg


美しい石庭もありました。

f0151327_1173393.jpg



栗林公園には、松の緑濃い紫雲山を背景に6つの池と13の築山を配し、
木石の趣きに富んでおり、四季折々の風物が楽しめることでしょう。
[PR]
by nao-lee | 2011-06-22 11:26 | tabi | Trackback
雑貨あれこれ made in kagawa

さぬき時間を楽しむ「IKUNAS(イクナス」さんのギャラリーへ

f0151327_16123766.jpg


香川産の工芸品にたくさん出会いました。
伝統的な一刀彫を現代風にアレンジしてつくられた「POPだるま」は渋くてかわいい。

f0151327_15544895.jpg


香川で活躍されている作家さんの物や丸亀うちわに奉公さんなどの張り子の人形。
讃岐手まりのそれは細かなこと。

f0151327_1554382.jpg


f0151327_1612541.jpg


こちらのギャラリーは雑貨屋さんの感覚であれこれ見ることができました。
[PR]
by nao-lee | 2011-06-21 16:18 | zakka/mono/utuwa | Trackback
パターン

紙の上できれいに整列。

f0151327_1665763.jpg


よく目にする円が並ぶデザイン。
私は、並んでいたり連なっているデザインが好きです。

f0151327_167115.jpg


ただ形を繰り返すシンプルなパターンですけれど、決して絶えることのないデザインでしょう。
シンプルな形だから、色が何かを語りかけてきます。

f0151327_16145494.jpg


まる・三角・四角、そして線。
これらの組み合わせで、無限大に広がっていきますね。

私は、まるが一番好きです。
[PR]
by nao-lee | 2011-06-17 16:37 | others | Trackback
海に向かう棚田

ここを少し通り過ぎて振り返ると・・・

f0151327_1921118.jpg


そこには、美しい棚田が広がっていました。

f0151327_19213316.jpg


今までにもいくつか棚田は見てきましたが、海に向かっているところがなんとも素敵。
日本海を見渡せる「新井の棚田」です。

こちらを後にして、北へ走らせること10分くらいだったしょうか?

そちらにも素敵な光景が広がっていました。

f0151327_19215433.jpg


広大で美しく整理された田んぼが目の前にいっぱい。
思わず、「ほぉ〜〜」と声が出ました。

田んぼの前でしばらく時が経つのを忘れてしまいました。
[PR]
by nao-lee | 2011-06-16 15:29 | tabi | Trackback
日本のベニス 伊根の舟屋 sanpo
初めて知ったのはいつの事だったか・・・

f0151327_1045939.jpg


日本にもこんなところがあったのですね。
海に浮かぶ家々。「伊根の舟屋」

遊覧船にのって海から見てみる事にしました。

f0151327_9495936.jpg


船の周りを飛び交うたくさんのカモメ
船から、カモメに餌をあげることができます。

f0151327_952052.jpg


カモメに紛れて鳶もやってきます。迫力ありますよ〜!!

f0151327_953305.jpg


カモメに気をとられてしまっていると、舟屋を通り過ぎてしまうので気をつけましょう(笑)

舟屋だけを撮りたいのですが、どうしてもカモメが横切ってしまいます。

f0151327_955184.jpg


陸地から舟屋を通り抜けてみると、アーケイドにも舟屋が表現されていました。

f0151327_9564652.jpg

f0151327_1034482.jpg



ここには、230程の世帯が生活されているそうです。
一階部分は船の格納庫や作業場として、二階部分は住居となっているそうです。

このような幻想的で情緒ある風景はこれからもずっと残っていってほしいと思います。
[PR]
by nao-lee | 2011-06-15 10:07 | tabi | Trackback