<   2012年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ベンガラの町 〜岡山・吹屋〜 (前編)

相方が新しいコンデジをゲットしたので出かけようと言いました。

f0151327_938381.jpg


「どこに行く?」と聞いてみたら、「吹屋へいってみよう」との返事。
長閑な田園風景を走り、森の中を走って・・・

f0151327_9381986.jpg


吹屋の街並に到着。
ここ吹屋は、標高550mの山嶺に銅山とベンガラの町として栄えた町。
今でも、ベンガラ格子の町家が建ち並んでいます。

ベンガラ・・・赤色顔料のひとつ。
かつてインドのベンガル地方産のものを輸入したために「べんがら」と名づけられた。

f0151327_9382938.jpg


ちょっと入り込んだ路地を歩いてみたり、趣のあるカフェもありました。

f0151327_9391048.jpg


吹屋の町並みに分かれ道があって、そこに向かうと吹屋小学校が見えてきます。

f0151327_9393918.jpg


木造校舎としては日本一古いもの。
今年の3月末をもって閉校になりました。

f0151327_940171.jpg

f0151327_9401680.jpg


緑の茂みに隠れていた猫ちゃんを相方が発見。

f0151327_9403353.jpg


暑い1日でしたが、猫ちゃんは涼しげです。
[PR]
by nao-lee | 2012-07-31 09:54 | sight | Trackback
いつかの空

夏の夕暮れ間近に見た空が美しかった。

f0151327_1132448.jpg


夕暮れ時に見た空も美しかった。水面も赤く染まっている。

f0151327_11325192.jpg


いつかの空も今日の空も同じものはなく、みんな違っている。

オリンピックも始まり、熱い夏ですね。
私は、節電を意識しながらも暑さにバテ気味です。
[PR]
by nao-lee | 2012-07-30 11:46 | sight | Trackback
醤油蔵見学

暑い季節には酢の物やそうめんでつるつるっと。

f0151327_149227.jpg


ラベンダーの丘からの帰り道、通りががったところで買いました↑
すると、お店の方が「もうすぐ蔵の見学が始まりますけどいかがですか?」と。
「はい。見たいです」ということで、売店に面したところにある「足立醸造」さんの蔵へ向かいました。
「足立醸造」さんは有機原材料を使用した醤油が有名だそうです。

f0151327_1494089.jpg


こちらは、完成してからまだ間もない新しい蔵です。
入る前に、これを着用します。

f0151327_1493546.jpg


「わぁ〜桶がいっぱい」む〜っとしています。
そして、ちょっと果物っぽい匂いがします。
このむ〜〜っした感じは、発酵している最中だからです。

f0151327_1410995.jpg


そして、かなり高音のポコッ。ポコポコッ。という発酵している音が聞こえてきます。

f0151327_14102330.jpg


新しい蔵に入っている6尺の巨大桶(2枚目の写真)
樽に使う木は高野槙。

f0151327_14103720.jpg


仕込みから先は、機械を導入。

f0151327_1410556.jpg


この日は、私たちが最後の見学者で貸し切りでした。
説明してくださった社長さんはつやつやの肌です。酵母の力かしら?
数量限定で作った「醤油麹」は「塩麹」を越えた味との事。
最近では塩麹を作っているもので、説明の途中から私の頭中は醤油麹の事でいっぱいになりました。

そんなにおいしいのかぁ〜。食べてみたい。社長さんの肌つやつややわぁ〜。

f0151327_14111054.jpg


とても貴重な経験ができました。

f0151327_14112365.jpg


足立醸造さんにて
[PR]
by nao-lee | 2012-07-24 14:41 | Trackback
ラベンダーの丘

車から降りると、風にのってラベンダーの香りがしてきました。

f0151327_125818.jpg


ワァ〜と声にだしてしまいそうなくらいのラベンダー。
こんなに広大なラベンダーの丘を見たのは初めての事。

f0151327_125371.jpg


花から花へと蜂がせわしなく飛び回っています。

f0151327_127125.jpg


高台まであがって見下ろすと、美しい山並みと下までずっと続く一面のラベンダー。
ラベンダーの香りをいっぱい吸い込んで深呼吸。
アロマでリラックス〜〜♪

f0151327_1274631.jpg

f0151327_125558.jpg


もう少し早い時期に来ていたら、もっと満開だったのかな?

f0151327_128232.jpg


だけど、ふわっと香ってくるラベンダーの元での森林浴は本当に心地の良いものでした。
「ラベンダーパーク多可」にて
[PR]
by nao-lee | 2012-07-23 12:12 | sight | Trackback
ひつじと話す男をみています

何か話しかけています。
f0151327_1659976.jpg


月の初めに、スマホに変えた相方。話している相手はひつじ。

f0151327_1703077.jpg


「何かご用ですか?」とひつじに聞かれ・・・「メール・・・・〜〜」
f0151327_1712418.jpg


あっ。メールが来ました。

f0151327_1714545.jpg


f0151327_1722352.jpg


何してますかって?
かなりの近距離で、スマホに話しかけているあなたを見ていますけど〜

f0151327_1722275.jpg


相方が、スマホに変えたばかりの日の出来事でした。
[PR]
by nao-lee | 2012-07-20 17:08 | others | Trackback
小さな村のようなお家ショップ

週に1日だけのかわいいスポット。

f0151327_9191296.jpg


通りを曲がると突如現れた素敵な空間「Footpath」さん。

f0151327_9194232.jpg


こんな所を見つけてしまうと、ちょっと立ち寄りたくなってしまいますね。
現在夏季休業中で週に1度だけ開けているようです。(営業再開は9月予定)

f0151327_920381.jpg


アンティーク・古道具や雑貨を扱ったショップとカフェのあるお家ショップ。
かわいらしいお庭の中にショップが小さな小屋として点在しています。
そのひとつひとつの扉を開けるのも楽しいものです。
何があるのかしらとワクワク。

f0151327_920212.jpg


ゆっくりのんびりできる。そんな空間でした。
[PR]
by nao-lee | 2012-07-19 09:20 | sight | Trackback
田舎の洋食屋

ランチに目指したお店は生憎の休みでした。

f0151327_8483545.jpg


ランチの場所を変更して、そちらに向かうまでに「闘龍灘」という奇岩怪石が起伏した川があると相方曰く。
折角なので、寄りましょう。

f0151327_8493987.jpg


本当だ。ごつごつした岩があって、不思議な感じでした。


さて、お昼ごはんは「自家焙煎珈房 田舎の洋食屋 古時計」さんへ。

f0151327_2305756.jpg


地元の方達でしょうか?
とても賑わっていて、私たちも待つことに・・・

ここ黒田庄は、神戸ビーフの素牛となる知る人ぞ知る黒田庄和牛の産地。
そのお肉を使ったハンバーグをいただきました。
とてもジューシーで甘みもあって、口の中でとろける感じ。
デミグラスソースもおいしかったです。

f0151327_8511422.jpg


ライスとお味噌汁、食後の飲み物がついて1.200円。
焙煎された珈琲も香りよくおいしい。
このCPの良さが人気に繋がっているのでしょう。
店内ではジャズも流れていて、時おりライブもされている様子。
お店の名前の通り、大きな柱時計がたくさんありました。

f0151327_853625.jpg


長閑なところでおいしいものにであえました。

自家焙煎珈房 田舎の洋食屋 古時計
(場所) 兵庫県多可郡多可町加美区寺内129
(営業時間)AM8:00~PM20:00[月・火・木・金]
(定休日)水曜日
[PR]
by nao-lee | 2012-07-18 09:00 | cafe | Trackback
蓮と睡蓮

なんとかまにあったぁ〜〜

f0151327_1774228.jpg


兵庫県加東市に位置する水生植物の宝庫「平池公園」へドライブ。
開花状況では、残りわずかという大賀ハス(おおがはす)を見に行きました。

f0151327_1785257.jpg


大きな池に写る空。
とても気持ちの良い公園です。

f0151327_1795864.jpg


f0151327_1791484.jpg


今は睡蓮が満開。

f0151327_1791558.jpg


f0151327_1792891.jpg


風に揺られて〜ふわりふわり。
[PR]
by nao-lee | 2012-07-17 20:05 | sight | Trackback
京都にて〜目的のもの その2 〜

京都でのもうひとつの目的。

f0151327_15425383.jpg


それは、こちらのもの↑

向かったのは染色,染料の専門店「田中直染料店」さん
いろいろ教えていただいくことにいっぱいでお店の写真はありません。


以前、染色教室に通っていたことがありますが、染料の専門店に行くのは初めての事。
型紙もありましたし、糸や布。もちろん染料も藍染めから柿渋etc.
今回揃えたのは色抜き模様ができあがるまでのものです。

説明を聞いているうちに・・・やめようかしら?という気持も。。。
なぜなら、布100グラムにつき、何々が○パーセント、そしてそれからそれから〜〜。
私は、この化学の実験みたいな割合をたくさん並べられるとと頭が痛くなるのです。

丁寧に資料もコピーしてくださり、なんとか理解してゲットしてきました。
でき上がるまではまだ先の話でしょうね。

そして、先々週に見に行ってた蒼山日菜さんの切り絵の展覧会。
実物を見てみたいと思っていた作家さんです。
レース切り絵といわれるだけあって、とても繊細で神業(紙技)もの。
小さな作品でも海外の腕時計が買えるような・・・手も足も出ませんでした。

私も感化されてどれだけ細くできるか練習中(笑)

f0151327_15544611.jpg


細さに試みていくと、もっと細く〜〜という気持になりのめり込んでしまいます。
で、プチッと切れてしまう(泣)

お花のキリエは細いといい感じです。
作風に応じてこんな切り絵も作っていこうと思いました。
[PR]
by nao-lee | 2012-07-17 16:05 | zakka/mono/utuwa | Trackback
京都にて〜目的のもの その1 〜

目的のものに会うため京都に向かう。

f0151327_9254244.jpg


こちらは、目的の間にいったカフェ。

f0151327_9271052.jpg


頂いたランチは、キッシュのランチ(私)とカレーのランチ(相方)

f0151327_9263583.jpg


キッシュのパイがカリッとサクッと。おいしい〜〜〜

f0151327_926528.jpg


さおりさんのブログで拝見して、いつか行きたいと思っていた「cafe marble」さん。
とても素敵なところでした。
さおりさん、カフェ情報をありがとう〜〜♪

f0151327_9273075.jpg


目的のひとつは、京都国立近代美術館で開催されている「KATAGAMI style」展。
世界が恋した日本のデザイン。

それはもう仕事が細かく見事な型紙の数々。
世界を魅了した日本の美しい文化に触れることができました。
「KATAGAMI style」展は、8月19日まで開催しています。

f0151327_9274819.jpg


美術館隣の図書館がかっこよかったので思わずパチりと撮りました。

f0151327_9275722.jpg


もうひとつの目的は、次回に。
[PR]
by nao-lee | 2012-07-15 13:11 | sight | Trackback | Comments(22)