タグ:バリ島 ( 11 ) タグの人気記事
街あるき〜バリ島〜

町中をぶらり。
f0151327_1084031.jpg


ウブドの街を歩いてみようと決定したものの、全ての道が舗装されていないので
歩きにくいところもあり、真昼時間に歩いた時は少々ばてました。
でも、街歩きは楽しいもの。
私は地図がよめない女なので、相方あっての街歩きです。

観光地から少し離れるとそこに田んぼが広がっていたり・・・

f0151327_10354691.jpg


アーティスチックなものもちらほら。

f0151327_10224172.jpg


長く続いたバリ旅の出来事もこのあたりでそろそろおひらきと致します。
相方との初海外。一緒に無事に行くことができて良かったぁ〜。

お付き合いくださった方々、ありがとうございます。

f0151327_10264526.jpg


最後に地図にのっていた大きな木の絵。
そこには、こんなに立派なガジュマルの木がありました。
木の精霊(キジムナー)が宿り、多くの幸福をもたらすと言われています。

たくさんの幸運が舞い込んできますように〜

(バリ島の旅はおしまい)
[PR]
by nao-lee | 2011-10-31 10:39 | tabi | Trackback | Comments(16)
ここでの生活

バリのワンニャンたち

f0151327_1484655.jpg


ニャンは勝手気侭な感じでしたが・・・ワンコはちょっと違った感じ。
どのワンコたちも痩せています。
祝辞のある寺院の前にはワンコも多い・・・その事情は?
ワンコたちは、あくまで番犬だそうです。
そして、飼い主は食事はほとんどあげないそうで、外で自分で食べ物は探して食べるとのこと。
一件、野良犬のように見えるのだけれど、ちゃんと家の前を守っています。

f0151327_14131668.jpg


夜の間に雨が降った翌日に見つけたかたつむり。
夜のレストランで見かけたヤモリ。
豚の丸焼きーっ(食べていません)
バリでは犬も食するそうです(食べていません)
男性は趣味で鶏を飼うのだそう。
子供たちは健気でかわいい。
長男は家を継ぐそうです。
小さな彼もそうなのかなぁ〜?
最近では、サッカーが人気なんだそうです。

〜このサッカー場でのエピソード〜
観光地では、タクシーの呼び込みがよくあります。
バリでは決してしつこくありませんが、ここで、あるタクシーの呼び込みをうけました。

「タクシー,タクシー乗ル?」
いりませんと首を振って立ち去る私たちの後ろから聞こえた言葉。
「ナンデェヤァ~。仕事サセテェヤァ〜」
相方と二人して「エっ!!!!」
次の日、彼のタクシーに乗ってみようと捜してみたけれどいませんでした。
彼は、この言葉で仕事にありついたに違いありません。
[PR]
by nao-lee | 2011-10-30 14:36 | tabi | Trackback
バリのスタバと市場

あ〜〜、のどが渇いたぁ〜ということで。

f0151327_9573957.jpg


バリでスタバを見つけました。

f0151327_9582025.jpg


ホッと一息。
(よく歩きました)
ここは、冷房も効いています。
値段も日本とさほど変わりません。

f0151327_1002584.jpg


いい雰囲気です。
そして、そして。

f0151327_1014532.jpg


神戸にある異人館のスタバも素敵ですが、こちらもお店の位置しているところが素敵でした。
一面にウォーター・パレスの蓮池が広がっています。

f0151327_102459.jpg



一方、こちらとはうってかわって活気があったのは・・・市場。

f0151327_1042687.jpg


あちらの方は、本当に上手にものを頭にのせて運びはります。お見事〜〜!!

f0151327_105275.jpg


いろんなものが積み上げられていて迷路のようでお店の数もかなり。
私たちは、やや疲れ気味でしたし、何が何かわからず通り過ぎただけとなりました。
[PR]
by nao-lee | 2011-10-28 10:14 | tabi | Trackback
バリの夕日

海だぁ〜〜〜

f0151327_92281.jpg


滞在は森の中でしたが、やっぱり海も見たい。
海の中に船のように浮かぶ岩の上の寺院「タナロット寺院」
夕方を目指して向かいました。
そこは、とても幻想的なところ。

f0151327_9242962.jpg


ちょうど干潮時で浜辺を歩くことができました。

f0151327_9141320.jpg


岩の上の寺院には教徒しか登ることはできません。
↑白い服を着て、岩に腰かけているのが教徒さんたちです。

f0151327_9281528.jpg


写真では伝わりにくいのですが、かなりの高波でした。

夕日に染まって美しい〜〜

f0151327_9245238.jpg


こちらのサンセットを眺めながら海鮮料理をいただきました。

f0151327_904683.jpg


お料理自体は焼いたものですが、いろんなソースで楽しむ食べ方です。

f0151327_965052.jpg


ロマンティックな一時を過ごせました。
[PR]
by nao-lee | 2011-10-26 09:09 | tabi | Trackback | Comments(16)
さるの森

さて、本日も出勤。(バイク通勤の猿)

f0151327_10445467.jpg


「モンキーフォレスト」
箕面にも猿はいてますが・・・
ここは、200匹ほどの猿が生息している森です。通勤してる猿もいてます…↑(笑)嘘です。
森の出入り口にもちょこっと猿が出歩いていて、その猿がバイクに乗っていたのでした。

小さめの猿でとても人懐っこくてかわいい。箕面はちょっと大きくて怖い。

f0151327_1050686.jpg


私は膝に乗られたり・・・足が太いから乗り心地が良かったのでしょう。。
相方も小猿に指をそっと握られて感動。指はとってもやわらか〜〜い。
何時もなら猫派の相方ですが、猿を買う人の気持がわかるわぁ〜カワイイなぁ〜と目を細めていました。

f0151327_1056621.jpg


仲むつましい光景や、ウトウト気持良さげなお猿さんたちにも癒されました。
[PR]
by nao-lee | 2011-10-25 11:00 | tabi | Trackback
バリ舞踊と工芸

バリと言われて、思い浮かべるものは・・・

f0151327_938553.jpg


バリ舞踊でしょうか。
私たちも、バロンを見てきました。

バロンは森に棲む想像上の聖獣。
悪の象徴であるランダと終わりなき戦いを繰り広げるお話しです。

また、バリではバティックやイカットなどの布製品やアタ製の籠などの工芸品も有名。
ウブドはそういった工芸の村も近く、絵描きや彫刻をされる方も多かったです。
興味のあったところに寄り、行程を見せてもらいました。

f0151327_9532348.jpg


アタの製品はよく町中でも売られていますが、「アシタバ」で買うんだぁ〜と
工房兼ショップのあるトパティの村で籠を買って帰りました。
トパティは、バティック工房が軒を並べています。
相方は、バティックのシャツをゲット。

アシタバの工房で作られる製品は、太さを均一にしてから編み、燻蒸して完成です。
編み込みも美しく、完成度が違います。長く大切に使っていきたいと思います。
[PR]
by nao-lee | 2011-10-25 10:03 | tabi | Trackback
衣食住の食

旅の楽しみの一つ・・・それは食べること

f0151327_22214125.jpg


一部をドド〜ンとスクラップ。
日本でも食べたことのあったナシゴレンやミーゴレン。
現地でも食べてきました。

初めて食べたマンゴスチン・・・おいしかったぁ〜♪
スウィーツはちょっと甘め。

海外ではフレッシュジュースは御法度かもしれませんが、南国とあっておいしいものだから
マンゴージュースにストロベリージュースなど、フレッシュジュースばかり飲んでいました。

相方は、BINTANGビールがすごく気に入った様子。
お昼からでも美味しいそうに飲んでいました。

今までは気づかなかったけれどこのビールは日本でも売ってました。
・・・これを見つけた相方。日本でもゲットできて嬉しいそう。
バリの余韻にしたりながら・・・プハ〜〜。
[PR]
by nao-lee | 2011-10-24 22:33 | tabi | Trackback
聖なる泉の寺にて

聖なる泉の沸くお寺

f0151327_11374488.jpg


今でも黒々とした溶岩流の跡が残っているバトゥール山が眺めれるキンタマーニ高原

f0151327_11391882.jpg


そのかえりにガイドさんにリクエストして訪れたタンパシリンの街。
ここにこの神秘的なお寺「ティルタ・ウンプル」があります。
祭礼の際にはたくさんの方が沐浴で身を清めにやってきます。

f0151327_11583673.jpg


お寺の誕生した日から3日間ほどお祝いとしてお祭りをします。
ちょうどその光景を目にすることができました。

f0151327_11363153.jpg

f0151327_1137043.jpg

f0151327_11371949.jpg


きれいに寺院も飾られ、お供え物もたくさん。

私たちは中までは入れませんが、ガムランの奏者たちがパラパラと集まってきました。
f0151327_1142071.jpg


のんびりとやってきましたが、演奏がはじまるとぴたっとひとつに。
f0151327_11442568.jpg


バリでは、学校が終わるとガムランやバロンなどの舞踏の練習にみんな励むとのこと。
なので、こういう時には得意の分野でアルバイトする方が多いそうです。
今回の旅でお世話になったガイドさんにいろいろ教えていただきました。
[PR]
by nao-lee | 2011-10-23 11:52 | tabi | Trackback
マヤ・ウブド

まるで楽園のようなところでした。(アップ長いです)

f0151327_10113483.jpg


憧れだったお庭付きのヴィラに泊れて夢見心地の日々。
f0151327_10201335.jpg


f0151327_10125391.jpg

滞在するところを今回はかなり重視しました。
設備が充実していて、虫が少ないこと。
ゆっくりリラックスできること。
料理がおいしいこと。などを考慮して「マヤ・ウブド・リゾート&スパ」に決定。
ここはホテル棟とヴィラ棟とに分かれています。

f0151327_10154342.jpg


ウブドの市街から離れたところにあるので観光にはちょっと不便ですが、
その分自然がいっぱいで鳥のさえずりやリスの鳴き声で朝を迎えることができました。

f0151327_10162398.jpg


すっかり楽園気分です。
結婚1年目にして結婚記念日も兼ねての新婚旅行ですからね〜(照笑)
飛行機がどうしても苦手な相方とようやく叶った旅行です。

f0151327_10164979.jpg


こちらでは、スパは勿論、ヨガのレッスンやネイチャーウォークにも参加できます。
かなり広い敷地なので私たちは全て歩けませんでした。

f0151327_10185179.jpg


庭の芝や通路の木や花も庭師の方の手によってきれいに手入れされています。
時おり、鼻歌を歌いながら〜♪
ここで働いてはる方々はであうと必ず笑顔で挨拶してくれはります。

f0151327_1021015.jpg


ホテル棟をぐるっと回ったところに棚田もありました。
折角なので、プールにも入ってきましたよ。

f0151327_1022308.jpg


深さが150センチなので結構深かった。

そして、こちらでは24時間Macが使えるのも嬉しかったです。
治安がいいと言われていたバリでも過去にテロ事件がありました。
入り口のゲートでは毎時厳重な警備でテロ対策も万全だったと思います。

f0151327_1028725.jpg


初日の朝早く目が覚め、部屋からきれいな朝焼けが〜〜(鳥のさえずり♪)

f0151327_1030728.jpg


夜のエントランスもキャンドルが浮かべられて、とても幻想的

f0151327_10305237.jpg


とても、快適に楽しく過ごすことができました。
あ〜〜もっともっと滞在したかったぁ〜〜

(バリはまだ続く)笑
[PR]
by nao-lee | 2011-10-22 10:35 | tabi | Trackback | Comments(24)
バリの気候と風習

10月のバリ島

f0151327_9351448.jpg


バリ島は熱帯性気候で、乾季と雨季に分かれ、5〜10月が乾季、11〜4月が雨季です。
乾季は温度が余り高くならずに過ごしやすく、雨季はスコールのような大雨が降り湿度も高くなります。

バリと日本の時差は1時間。
日本の12時は、バリでは11時です。

今回の拠点のウブドは田園に囲まれたところです。

テガラランのライステラスは見事でした。
f0151327_9412296.jpg


バリ島では、二毛作から三毛作だそうです。
刈入れが早いせいか、日本の稲に比べると少し背が短い。

そして、こんな風に稲とヤシの木やバナナの木が隣接しています。
農作業の休憩時にヤシの実のジュースを飲むためだそうです。

お店や家の前にこうしたお供え物の飾りを毎日かかさず道に置く風習があります。

f0151327_9545037.jpg



バリの家の門は、入るとすぐに行く手を阻むようにして銅像などが建っています。
内側が丸見えになるのをさえぎり、悪霊が入るのを防ぐためのものだそうです。
f0151327_10162778.jpg


ウブド王宮の門の前にもこんな銅像がありました。
f0151327_1147037.jpg

f0151327_10215353.jpg


石像によく巻かれている白と黒のチェックの布の意味とは・・・

f0151327_1044364.jpg


これは、白にはポジティブな意味、黒にはネガティブな意味があります。
バリのヒンドゥーでは世の中は善と悪、生と死が共存することにより世の中が成り立っているという考えがあるそうで、
その為に白黒のチェック柄が正装に使われたり石像に巻かれたりしています。

f0151327_1061383.jpg


今回の旅でお祭りにも出くわすこともできました。

その様子は次回に。
[PR]
by nao-lee | 2011-10-21 10:24 | tabi | Trackback